基本理念 The Principle of Tokyo Ikuseien

「子ども中心主義」

 

児童養護施設東京育成園の理念

「子ども中心主義」

聖書が示す「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」(マタイ福音書2540 新共同訳)の聖句が当園の基本となっています。

当園は、このイエス・キリストの使信に応答し最も小さい者のひとりである子ども達をありのまま受容し愛することを使命としています。

当園の事業の理念は、この聖書の(ことば)を土台に、「児童権利条約」、「児童福祉法」、「児童憲章」の理念を踏まえ、「子ども中心主義」という言葉で表しています。

つまり、事業の目的は子ども達の幸せを創造するためにあります。そのためには常に、子どもの想いや言葉にできない願いを受け止め、事業が「子どもの最善の利益」であることに努め、子どもとその養育者を含めた幸せが実現できるように取り組みます。

それには、つねに専門性を高めることに努め、自己改革(イノベーション:innovation)を怠らず、神様から委ねられた子ども達の健全育成のために事業を発展させていきます。

Child-Centered

The principle of social welfare corporation, Tokyo Ikuseien

 Child-Centered”

 

The Bible says that “As you did it to one of the least of these my brethren, you did it to me”( Matthew 25) . This scripture text is a base of our Children`s Home.

This spirit follows Jesus`s teaching that testimony of the faith for Jesus Christ is to simply have concern about unhappy children around us and love them anytime.

On the basis of this scripture text, the principle of our operation is denoted by the word of “Child-Centered” with reference to the idea of the “Child Right treaty”, the “Child Welfare Low” and the “Charter of Children”.

That is, it is the purpose of our operation to create children`s happiness. For this purpose, we always respond to their thought and indescribable wishes and endeavor to make our operation “the best benefit for children” so that happiness of children including their family can be realized.

To act up to the principle, We always attend to improve own specialty, promote self-innovation and develop our operation for sound upbringing of children.